皮膚科まっぷは全国の皮膚科のある病院を検索できるサイトです。

皮膚科まっぷ
Jv074 72a

遠い日にした日焼けが、加齢によってしみ(シミ)として現れる……。そんな不思議な現象が老人性色素斑です。今回は、この老人性色素斑について、特徴や原因、治療法をまとめてみました。

老人性色素斑の特徴皆さんは、しみ(シミ)と言われてどのようなものを思い浮かべるでしょうか?恐らく、真っ先に思い浮かべた薄い茶褐色のものが、老人性色素斑です。直径数ミリから数十ミリ程度の丸い茶褐色...
Jv095 72a

一見同じように見える、肌に出来るしみ(シミ)。そんなしみ(シミ)ですが、実は色々な原因によって異なる種類があること、皆さんはご存じでしょうか?

しみ(シミ)の代表格!老人性色素斑まず、しみ(シミ)の種類として真っ先に挙げられるのは、老人性色素斑です。一般にしみ(シミ)と呼ばれるものの中で、最もポピュラーなものがこの老人性色素斑と言えます...
Jv084 72a

しみ(シミ)、そばかす(ソバカス)を作らないためには、肌でメラニン色素が生成されないことが重要です。では、どのようにメラニン色素の生成を抑えたら良いのでしょうか?美白のための対策方法をご紹介します。

そもそも、何故メラニン色素が作られてしまうのか?そもそも、何故肌でメラニン色素が作られてしまうのかを復習しておきましょう。
肌は、紫外線を浴びると活性酸素を生じさせます。この活性酸素は、しみ(シ...
>> 記事の一覧へ