すずの木皮膚科。静岡県浜松市南区三和町614-1。

皮膚科まっぷ
  1. すずの木皮膚科

すずの木皮膚科

住所
静岡県浜松市南区三和町614-1
電話番号
053-467-1241
診療時間午前
診療時間午後
診療時間その他
休診日
病床数
診療科目
皮膚科
URL
最寄駅
最寄のバス停
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
Jv006 72a

女性ホルモンのバランスやストレスによって生じると言われているしみ(シミ)の一種、肝斑(かんぱん)。今回は、そんな肝斑(かんぱん)の紫外線以外の予防方法についてまとめてみました。

女性ホルモンのバランスを保つことまず肝斑(かんぱん)の予防で重要なのは、肝斑(かんぱん)が現れてしまう原因と言われている、女性ホルモンのバランスの乱れやストレスを避けることです。そのためには、十分な睡眠を始めとする規則正しい生活、栄養に偏りのない食生活、好きな音楽を聴いてリラックスする時間を確保するといったことを心がけ、出来る限り心身のバランスを乱さないよう、日頃から気をつけることが重要です...
Jv090 72a

しみ(シミ)やそばかす(ソバカス)のない綺麗な肌って憧れますよね。今しみ(シミ)そばかす(ソバカス)がある方でも、諦めることはありません。しみ(シミ)そばかす(ソバカス)の治療法を見てみましょう。

しみ(シミ)そばかす(ソバカス)のおさらい一般的にしみ(シミ)と呼ばれるものの中で最も多いのは、老人性色素斑と呼ばれる薄い茶褐色のしみ(シミ)になります。頬の一番高い部分やこめかみなどに、数ミリから数十ミリ程度の丸い色素斑が単独で現れます。現れる原因としては、主に紫外線が考えられています。
一方、そばかす(ソバカス)は別名雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれ、米粒程度の大きさの小さな斑点が鼻を...
Jv074 72a

遠い日にした日焼けが、加齢によってしみ(シミ)として現れる……。そんな不思議な現象が老人性色素斑です。今回は、この老人性色素斑について、特徴や原因、治療法をまとめてみました。

老人性色素斑の特徴皆さんは、しみ(シミ)と言われてどのようなものを思い浮かべるでしょうか?恐らく、真っ先に思い浮かべた薄い茶褐色のものが、老人性色素斑です。直径数ミリから数十ミリ程度の丸い茶褐色のしみ(シミ)で、主に頬やこめかみに現れます。

原因は紫外線にある老人性色素斑が現れる主な原因は、紫外線にあります。紫外線を浴びることによって、肌は活性酸素と呼ばれるものを生じます。さらに、色素形成...