ふもとクリニック。新潟県上越市中央1-23-26。

皮膚科まっぷ
  1. ふもとクリニック

ふもとクリニック

住所
新潟県上越市中央1-23-26
電話番号
025-543-2103
診療時間午前
月~土 9:00~12:00(科目毎時間・曜日あり)
診療時間午後
月~金 14:00~17:30(科目毎時間・曜日あり)
診療時間その他
休診日
第2.4土・日・祝
病床数
診療科目
内科 小児科 整形外科 皮膚科
URL
最寄駅
直江津駅(0.6km)
最寄のバス停
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
Jv094 72a

今話題のADM(後天性真皮メラノサイトーシス)。通常のしみ(シミ)とは違うADMをどのようにやっつければ良いのか、その方法について調べてみました。

そもそもADMとは?ADMとは、後天性真皮メラノサイトーシスとも呼ばれる、あざの一種です。頬骨周辺や額の両端などに、左右対称に、直径1~3ミリ程度の色素斑が複数まとまって現れるのが特徴です。色素斑はグレーがかった色や青みがかった色など、全体的に暗い色をしていますが、これは別名の真皮からも分かるように、肌の奥深く真皮にメラニンが存在するため、通常のしみ(シミ)より暗めの色合いで見えると考えられ...
020

何らかの外傷を受けた後にしみ(シミ)となって残る現象、炎症後色素沈着。明日自分に起こるかもしれない怖い現象ですが、どのような現象か、どのような対策を取れば良いのか、理解すればそれほど怖くはありません。

炎症後色素沈着って何?炎症後色素沈着とは、肌に何らかの外傷が生じた後に、しみ(シミ)が残るという現象です。きっかけとなる外傷には、擦り傷、かぶれ、虫刺され、にきび、やけど、アトピー性皮膚炎など、様々なものがあります。通常であれば、炎症が治まれば外傷は自然消滅して終わりとなりますが、炎症が起こった場所で何らかの理由によって肌のターンオーバーが上手くいかないと、排出されるべきメラニンが肌に残り、...
Phm06 0042

全身を温めることもできれば、皮膚を傷つける恐れもある「貼るカイロ」。正しく、そして賢く使いましょう。

使い方次第では全身ポカポカ?カイロそのものは小さくても、ちょっとした工夫で全身を温めることができます。貼るタイプのカイロは貼り付けた場所を局地的に温めるものですが、リンパ腺のある首や腰、ひざの裏などに貼れば、温かい血液が体内を循環するようになり効果的に身体を温めることができます。

カイロが引き起こす低温火傷(やけど)とは発熱後のカイロの平均温度は53度、最高温度は63度と言われています。実...