MENU

薄毛の原因は男性ホルモン?!育毛に必要な栄養素や対策を徹底解説!

薄毛の原因は男性ホルモン?!育毛に必要な栄養素や対策を徹底解説!をタイトルにお伝えしたいと思います。

育毛に力を入れていても、なかなか結果が出ないと悩んでいる男性もいるでしょう。

もしかしたら、あなたの体内の男性ホルモンが、育毛を妨げている可能性があります。

男性ホルモンが育毛を妨げる理由や仕組みについて詳しく解説します。

目次

男性ホルモンが育毛を妨げる理由とは?

男性ホルモンが育毛を妨げる理由の一つとして、AGA(男性型脱毛症)があります。

AGAは、20代以上の男性の約3人に1人が発症する進行性の脱毛症です。

AGAにかかると、抜け毛が増えて次第に薄毛になっていきます。

そして、男性ホルモンがAGAの原因となることもあります。

AGAの原因が男性ホルモンである場合、具体的には以下のような仕組みで育毛を妨げます。

まず、男性ホルモンの一種であるテストステロンが体内で分泌されます。

そして、そのテストステロンに還元酵素の5αリダクターゼが結びつき、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

このDHTが毛母細胞の働きを阻害し、脱毛を促進させます。

したがって、男性ホルモンが育毛を妨げる場合、5αリダクターゼやDHTを抑制すれば、薄毛や抜け毛の改善効果が高まる可能性があります。

画像出典元:https://agacare.clinic/column/aga-glossaries/hamilton-norwood/

しかし、男性ホルモンは体内で様々な役割を果たしています。

たとえば、テストステロンは骨や筋肉の形成、生殖機能や闘争本能の向上など、さまざまな役割を担っています。

また、DHTは男性の外生殖器の形成にも重要な役割を果たしています。

男性ホルモンが育毛を邪魔するAGAの症状とホルモン以外のAGAの原因

男性ホルモンの量は個人によって異なるため、育毛を望む男性においては、男性ホルモンを抑制する治療がおすすめです。

AGAになると、髪の毛は太く長く成長する前に抜け落ち、代わりに細く短い毛が生えてくるため、薄毛が目立つようになります。

男性特有のホルモンが育毛を妨げてしまうという症状を持つ男性パターンの脱毛症(AGA)の症状や、ホルモン以外の要因について具体的に紹介いたします。

AGAになると、どのような症状が現れるのでしょうか。

このため、ここでAGAの症状やホルモン以外のAGAの原因を詳しくご紹介いたします。

最近、抜け毛や薄毛が気になっているという男性の方はぜひお読みください。

男性ホルモンが育毛を妨げるAGAの症状

男性ホルモンが育毛を妨げるAGAの症状は以下の通りです。

1. 生え際の後退:前髪の部分が後退し始めます。

2. 前頭部や頭頂部の抜け毛増加:特に前頭部や頭頂部での抜け毛が増え、細い髪の毛が目立つようになります。

3. 前頭部の薄毛:前頭部が薄毛になります。

4. 頭頂部の薄毛:頭頂部が薄毛になります。

これらの部位での抜け毛や薄毛の増加が現れるのは、5αリダクターゼII型という酵素がこれらの部位で多く存在するためです。

AGAが進行すると、I型の酵素が存在する側頭部と後頭部の症状も悪化すると言われています。

また、1つの部位だけでなく、複数の部位の症状が同時に進行する男性も多く見られます。

生え際や頭頂部の細い髪の毛の増加もAGAの兆候とされています。

AGAの原因には様々な要素があります

男性ホルモン以外の要因が関与している場合もあります。

遺伝、ストレス、生活習慣の乱れなどがその原因として挙げられます。

また、進行スピードも個人差があるので、注意が必要です。

病院での治療方法にはさまざまな選択肢があります

病院にて治療を受けると、個々の状態に合わせた治療法が提案されます。

AGAの原因とされる過度な飲酒や喫煙、睡眠不足、運動不足なども改善する必要があります。

男性ホルモンによるAGAの治療方法

男性ホルモンによるAGAの治療方法について解説します。

ただし、AGAは自己治癒が難しい疾患であり、病院での治療が必要です。

具体的な対策には、内服薬や注射などの方法があります。

内服薬による男性ホルモン対策

画像出典元:https://agacare.clinic/column/aga-glossaries/hamilton-norwood/

内服薬による男性ホルモン対策は、男性ホルモンのDHTや酵素の5αリダクターゼの働きを抑制します。

しかし、効果を実感するまでには時間がかかるため、約6カ月程度の期間が必要です。

また、この治療は美容目的のものとされるため、健康保険の対象外となり全額自己負担となる場合があります。

注射による男性ホルモン対策

注射による男性ホルモン対策では、抗男性ホルモン剤を症状のある部位に注射することで男性ホルモンの働きを抑制します。

女性ホルモン剤を注射する場合もあります。

内服薬と同様に即効性はなく、定期的な注射治療が必要です。

治療では、内服薬や外用薬との併用が一般的です。

男性ホルモン抑制に役立つおすすめのサプリメント

最後に、男性ホルモン抑制効果が期待できるおすすめのサプリメントを紹介します。

これらのサプリメントは男性ホルモンのバランスを調整することでAGAの症状改善をサポートします。

ただし、個人によって効果が異なる場合もあるため、医師と相談しながら摂取することをおすすめします。

AGA予防に役立つ男性向け育毛サプリメント

AGAの症状が出ていないけれど、薄毛や発毛の促進を目指す男性のために、おすすめの育毛サプリメントをご紹介します。

ただし、個人の体質や商品ごとの効果効能は異なる場合がありますので、服用の際は自己責任で行ってください。

男性ホルモンの抑制に役立つサプリメントの一つはノコギリヤシです。

ノコギリヤシは、北米に自生するヤシ科の植物で、その果実にはさまざまな効果効能があると言われています。

特に、男性ホルモンのDHTの抑制や皮脂の分泌を抑える効果が期待されています。

実際、ノコギリヤシの果実は、古くから民間薬として使われてきました。

もう一つのおすすめは、亜鉛です。

亜鉛はミネラルの一種であり、男性ホルモンによる薄毛を引き起こす酵素である5αリダクターゼの抑制に効果があります。

さらに、髪や頭皮の健康を保つために必要なタンパク質の働きもサポートします。

大豆製品に含まれるイソフラボンも、テストステロンの抑制に役立つと言われています。

まとめ:薄毛の原因は男性ホルモン?!育毛に必要な栄養素や対策

AGAを予防したい場合、男性ホルモンによる影響が考えられます。

そのため、生え際や頭頂部の薄毛が気になり始めた男性は、専門の皮膚科や病院で男性ホルモン抑制治療を検討してみることをおすすめします。

AGA予防を目指す男性には、男性ホルモンの抑制に役立つサプリメントの服用もおすすめです。

ただし、AGAの症状に合致する場合は、早めに専門の皮膚科や病院で診断を受けることをおすすめします。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次