行田総合病院附属行田クリニック。埼玉県行田市持田395-1。

皮膚科まっぷ
  1. 行田総合病院附属行田クリニック

行田総合病院附属行田クリニック

住所
埼玉県行田市持田395-1
電話番号
048-554-0005
診療時間午前
月~土 8:30~12:00(科目毎時間・曜日あり)
診療時間午後
月~土 14:30~17:30(科目毎時間・曜日あり)
診療時間その他
休診日
日・祝
病床数
診療科目
内科 神経内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 リウマチ科 リハビリテーション科 麻酔科
最寄駅
持田駅(1.5km)
最寄のバス停
周辺ガイド 周辺情報はこちらから
8rcctv6fkk7biz

白いシャツなどを着て一日過ごしていると、わきの下が黄ばんでいることがあります。一般的に「ワキガ=わきの下が黄ばむ」と言われていますが、本当でしょうか。

シャツの黄ばみはどうして起こるの?シャツが黄ばんでしまうのは、ワキガが原因なのでしょうか。端的に言うとシャツが黄ばむからワキガである、とは一概には言えません。

シャツの黄ばみの原因は、主に汗に含まれているリポフスチンという物質が関係しています。リポフスチンは色素成分で、人種によって色が異なりますが、日本人は主に黄色になる人が多いようです。リポフスチンはワキガではない人の汗にも含まれています...
Phm06 0027

擦り傷は消毒液で治療することが常識とされていましたが、近年は水洗いとラップでの治療の方が早く治ることが判明しました。

傷に消毒液はNG!?皆さんは擦り傷ができたときはどのような治療を行っているでしょうか。多くの方は消毒液を使用しているかと思います。
消毒液は傷口についた悪い菌も除去してくれますが、同時に傷を修復する細胞も殺してしまいますので、傷の治りが悪くなってしまうというデメリットもあります。

擦り傷には湿潤治療が効果的!早く怪我を治したい場合は湿潤治療が効果的です。湿潤治療とは名前の通り、傷口を乾燥さ...
Jv096 72a

女性の肌の天敵の代表とも言える存在、しみ(シミ)。今回は、しみの中でも最もポピュラーな老人性色素斑を中心に、しみのできるメカニズムと対策法について見ていきたいと思います。

そもそもしみの出来るメカニズムとは?皆さんは、そもそもどうしてしみができるのか、そのメカニズムを知っていますか?まずはしみの基本を知るために、どうしてしみができるのかを見ていきましょう。

肌は大量の紫外線を浴びてしまうと、活性酸素と呼ばれるものが活性化します。この活性酸素はしみの原因となるのは勿論ですが、肌のたるみやシワ等も生み出してしまう、肌問題の元凶です。紫外線の他にも、ストレスや喫煙...